脱出への模索が続く

今後数ヶ月において楽観的な見方をサポートする材料は十分に存在するとはいえ、成長と政策対応がピークを過ぎるなかで、見通しに対するリスクも数多く残ります。


2022年グローバル経済市場見通し


インサイト


環境・社会・ガバナンス(ESG)
世界は変革を目指す:炭素に対する世界的な投資家の注目がもたらす変化

ESG投資は2021年に35兆ドル以上まで成長し、世界の機関投資家が運用する資産の1/3超を占めるようになりました。 ESGは今や、世界的に投資の主流となっています。近い将来、ESGはスタンダードな投資となるか、少なくともあらゆる投資の基礎的要素になるでしょう。 機関投資家300社超を対象に実施された今回の調査からは、資産運用業界では今後3年間で脱炭素化目標の設定が急増する見込みであることが明らかになりました。 現在、最も知識と経験が豊富な機関投資家の20%は正式な目標を既に設定しており、そうでない機関投資家についても、目標設定のモメンタムが加速していることは明らかです。

2021年12月1日 Article
マーケット・アップデート
動画:インフレ形成要因と見通し

足元で起こっている米国の物価指数の高騰に対して、市場では今後景気後退とインフレが同時に進行するスタグフレーションへとつながる可能性を不安視する声が高まっています。本稿では、現在のインフレ率上昇の背景を確認し、今後の見通しについて検討します。

2021年11月29日 Article
株式
持続可能な成長に投資する:クオリティの優勢が続く

株式市場が波乱に満ちた今年1年間の終盤に差し掛かった今、猛烈な勢いで始まった世界経済の回復は、当初の勢いに陰りが見え始めているもののまだ継続している。

2021年11月25日 By Michael J Solecki Article