持続可能な未来の創造

世界の投資家にとって、ESG(環境・社会・ガバナンス)投資は最重要課題となっています。新たなイニシアティブや機会の拡大、投資家自身のサステナビリティ目標を背景に、ESGイニシアティブに対するコミットメントが増加しています。

ネットゼロ・アセットマネジャーズ・イニシアティブ(NZAMI)に参画するマネージャーとして、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは2050年までに投資ポートフォリオの温室効果ガス排出でネットゼロを達成すべく、2030年までの中間目標を発表しました。


ESG目標の設定


環境や社会面における様々な課題に直面し、ESG関連規制の導入が見込まれる中で、投資家はどのようにポートフォリオの長期的な耐性を構築しつつ、新たな投資機会から恩恵を享受できるでしょうか?

このためには、投資家自身のビジョンや使命、投資目標に基づいた具体的なESG投資目標を確立する必要があります。一般的な投資家の目標には、アルファの創出、リスクの低減、ESG規制の順守、投資家の価値観とポートフォリオの整合性などがあります。これらの目標に沿って投資原則を定めたものが、ESG投資戦略となるのです。


ESG投資戦略


投資家それぞれのESG目標の達成に向けて、多様な投資戦略が提供されています。


ベスト・イン・クラス(ポジティブ・スクリーニング)


データ分析


当社では、透明性に優れた、複数ソースのデータアーキテクチャを構築することで、投資家のESGエクスポージャーの理解や、投資目標達成に向けたアクションの実行、結果のモニタリングをサポートしています。


ESG:当社の投資哲学の核となるもの


ステート・ストリートのミッションは、責任ある投資を通じて経済や社会の繁栄を促すことです。重要なESG課題を特定し、体系的に組み入れていくことは、お客様の資金を預かる受託者の重要な役目であると考えています。世界最大規模の資産運用会社として、グローバルを網羅するリサーチや投資戦略、データ分析といった当社のESG能力を活用し、お客様の投資目標達成に向けて取り組んでいます。

当社の強力なエンゲージメント、議決権行使、ソートリーダーシップの取り組みを通じて、投資先企業は、取締役会におけるダイバーシティやリーダーシップの強化、サステナビリティへの取り組みに関する情報開示の改善への呼びかけに応えています。

当社のスチュワードシップの取り組みについては、年次スチュワードシップ報告 をご覧ください。