インサイト

クオリティとグロースに対するインフレの影響を乗り切る

第2四半期、株式市場は急落しました。これはインフレ懸念と金融引き締めがリスク回避の動きを牽引したためです。投資家はグロースおよびクオリティから市場のディフェンシブ・セグメントに避難し、低ボラティリティ、高利回り、バリューを選好しました。



供給サイドの制約と需要の変化に関連したインフレ圧力が、ロシアによるウクライナ侵攻と新型コロナによる混乱の継続によって増幅・悪化しました。さらに、総合インフレ率が上昇を続けていることから、物価上昇の方向性に関しては依然、多くの議論がみられます。インフレ・サイクルはピーク付近にある可能性が高いのですが、現在の環境を踏まえると、過去数年に経験したような低水準に戻るとは考えにくいといえます。

各国中銀は予測可能な手段によって対応を進めていますが、概ね供給サイドの問題に対し、需要サイドの対応を取っています。とはいえ、金融引き締め政策に対する期待の変化は想定通りの結果をもたらしています。つまり、経済成長は減速し、企業の利益見通しは後退しています。

世界経済の成長見通しは悪化し、消費者信頼感は低下してきましたが、インフラを始め、サプライチェーンの国内回帰、「環境に優しい」設備投資を取り巻く活動の水準はポジティブな状況を維持しています。アナリストによる企業の利益予想は、エネルギー、素材、テクノロジー、資本財のセグメントにおいては引き続き概ねポジティブといえます。一方、消費者セグメントでは、広告掲載の鈍化に加え、インフレやロシアのウクライナ侵攻が実際の影響を及ぼしており、下方修正がみられています。