ETFの先駆者

グローバル市場見通し  

 

底力が試される年

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)により、世界中の経済と市場は2020年に厳しい試練にさらされたが、空前の規模の金融・財政刺激策に支えられ、市場は驚くほどの底力を見せた。2021年が近づく今、市場は別の大きな試練に立たされることになろう。


Creating the World's First ETFs* was just the Beginning.


ETFを探す


投資に新たなアプローチを

SPDR®金ETFシリーズで

ポートフォリオを分散

2004年以来、金現物を裏付けとするSPDR®金ETFシリーズを通じて、投資家の皆様に金市場への容易で流動性の高いアクセスを提供しています。

金は消費財であると同時に投資対象でもあります。世界的な経済成長、所得の増加、金融政策、市場ボラティリティはすべて、金需要を押し上げる要素です。このユニークな資産クラスに戦略的に資産を配分することで、金が持つ次のような潜在的利点を投資家の皆様が追求するのに役立つ可能性があります。

なぜ金に投資するのでしょうか? 


主要情報


ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは、米国・香港・オーストラリア・シンガポールの各市場において、最も長い運用実績を誇るETFを運用しています。1993年1月22日に米国で初めて、1999年11月11日には香港で、そしてシンガポールでは2002年4月11日に初めてETFを上場させたETFの先駆者です。