戦略/サービス

資産保全と
流動性

  

金融危機以前は、多くの機関投資家の皆様が資産を保全する上で効果的な3つの柱、すなわち資本資産保全、流動性、利回りに均等にウエイトを置いていまし た。しかし金融危機以降は、資本資産保全と、運用資産へ容易にアクセスできることが多くの皆様にとって最優先事項になりました。利回りを良くするチャンス は現在もありますが、資本資産保全と流動性を損なうことなく利回りを獲得するためには、慎重かつ洞察を伴ったアプローチが必要です。

SSGAのアプローチ

米国初のカストディー銀行である親会社の伝統を受け継ぐSSGAは、年金、財団、その他の運用担当者の皆様の資産を保全する重大な責任を十分に理解してい ます。SSGAでは、資本資産保全と流動性を重視したソリューションによって高度な保守的アプローチを採りながら、利回りを高める好機を見極めるよう努 め、確実な決断を下します。