データ分析

ESGを活用したより良い投資意思決定への第一歩は、適切なデータを選択することです。透明性と報告・開示の改善が進む中で、投資家においては、より多くのインサイトを通じたエクスポージャーの理解が進み、投資目標の達成に向けたアクションの実行と経過のモニタリングが可能となっています


R-Factor™

R-Factor™は、ステート・ストリートが独自に開発したESG評価システムです。サステナビリティ会計基準審議会(SASB)のマテリアリティ(重要性)に関する枠組みや関連するコーポレートガバナンス・コードに基づいて、複数のプロバイダーから提供されるデータを分析することで、上場企業のスコアを算出しています。


R-Factor™開発の背景

ステート・ストリートでは、財務上重要なESG要因を投資プロセスの過程で検討することは、受託者責任を果たす上で不可欠であると考えています。R-Factor™は、この考えに基づき開発されました。

R-Factor™は、複数のプロバイダーから提供されるデータを取り込み、幅広く普及している透明性に優れたマテリアリティの枠組みに基づいて、各上場企業のESGスコアを算出します。

企業のESGへの取り組みに関するデータのクオリティは、効率的な投資分析を行う上で欠かせない一方で、ESG関連のレポーティングやスコアに関しては基準や透明性が欠如しており、投資家を悩ませる大きな課題となっています。この様なデータの問題を解決するために開発されたのがR-Factor™であり、スコアの評価プロセスにおけるESGの重要性について、透明性を提供します。

つまり、R-Factor™は、よりサステナブルな資本市場の形成をサポートするものです。


R-Factor™の特徴

R-Factor™は、核となる4つの柱を中心に開発されています:






サステナブル資本市場の支援

R-Factor™ は、財務的に重要なESGデータを組み入れたESGソリューションへの投資を可能とすると同時に、重要なESG分野における企業の取り組みや、開示の向上に向けたインセンティブを提供することで、サステナブルな資本市場の発展を支援しています。


企業による活用


投資家による活用


お問い合わせ

R-Factor™に関するお問い合わせは、こちらからどうぞ。