オルタナティブ投資

ステートストリート・ゴールドファンド

金現物を裏付けとする金ETFを活用することで、リスク分散のメリットを追求しつつ、取引所取引による優れた柔軟性と透明性に加え、低コストかつ高い流動性というメリットも享受できると考えられます。


ポートフォリオにおける金の活用

金は、歴史的に「安全な逃避先」とされ、伝統的な株式や債券に対する代替資産としても位置づけられていることから、ポートフォリオ運用において重要な役割を果たすと考えられます。

投資家が金を求める理由としては、金への投資を通じて様々なリスクに対する耐性の強化が期待される点が挙げられます:


金ETFの世界的リーダー

2004年11月、米国市場に上場する初の金ETFであるSPDR®ゴールドシェア(GLD)を設定して以来、ステート・ストリートは資産クラスとしての金へのアクセスを広げてきました。当社は、SPDR金戦略の専門チームを設置し、投資家に対して、金がポートフォリオの中でいかに適合するかの理解促進に努めています。

当社が提供する金ETFシリーズは、規模1と取引量2の点で世界最大です。こうしたリーダーシップが、潤沢な流動性、低コスト、タイトな取引スプレッドにつながっています。

詳細につきましては、ファンドページをご覧ください。


お問い合わせ

機関投資家のお客様によるお問い合わせは、こちらからどうぞ。