アクティブ・クオンツ株式(AQE)

ディフェンシブ株式戦略

高精度の銘柄選択モデルと低ボラティリティ運用の融合により、市場下落局面における下値抵抗性と上昇局面における追随性の両立を実現します。


アクティブ運用の次を見据えたソリューション

金融危機以降、株式投資スタイルは変化しています。

時価総額加重ベンチマークと比べて効率的にリターン獲得を目指すスマート・ベータ戦略が新しい手法として認知される中で、ディフェンシブ志向の高まりを背景に、低リスク株式を中心とした最小分散戦略(トータル・リスク重視)が普及しています。

一方、絶対リターン・ベースの運用効率で見た場合、スマート・ベータや最小分散には改善の余地が存在します。スマート・ベータ戦略は、超過リターンの水準が市場環境に依存するため安定的ではなく、最小分散戦略はリターンに対する見通しを持たない運用です。

この様な課題を克服するソリューションとして、下落リスクを抑制しつつ、中長期的に魅力的なリターンの追求が可能な戦略が、ステート・ストリートが提供するディフェンシブ株式戦略です。


投資哲学とアプローチ

投資家が求めているのは、リターンの最大化とリスクの抑制です。ディフェンシブ株式戦略では、リターンの最大化と根源的なリスク管理にフォーカスを置いています。

当社独自の銘柄選択モデルに基づいて、妥当なバリュエーションや持続可能な利益、良好な見通しなど、最も投資魅力度の高い銘柄のみに投資を行います。ポートフォリオ構築においてはベンチマーク制約を除去し、リスク調整後リターン(シャープレシオ)の向上を図るとともに、ポートフォリオのトータル・リスクを明示的に管理します。


ソリューション

海外における豊富な運用実績をベースに、外国株式を投資対象としたグローバル・ディフェンシブ株式戦略、そして国内株式にフォーカスした日本株式ディフェンシブ戦略を提供しています。


お問い合わせ


ディフェンシブ株式戦略に関するお問い合わせは、こちらからどうぞ。