インサイト

変動の激しい相場で投資家にできる4つのこと

ロシア・ウクライナ戦争が勃発し、多くの犠牲者が出ていることが何よりも心配されます。また、今回の危機がもたらす課題について、投資家の皆様がさまざまな疑問を抱いていることでしょう。現在のように市場のボラティリティが急激に高まっている時期には、「とにかく何かしなければ」という気持ちになるのが一般的です。


Head of SPDR Americas Research

衝動的に行動したくなるのが人間ですが、ポートフォリオについて衝動的に決断するのは控えた方が良いかもしれません、今はなおさらです。

とはいえ、ボラティリティの変動に見舞われた時にできることが4つあります。

1.分散投資を信じる

今こそ、基本に立ち返る時です。つまり、分散投資を信じ、伝統的なリスク軽減手段(国債、金、リキッド・オルタナティブなど)が、ポートフォリオにおいて果たすべく、設計された本来の役割を果たしてくれると信じることです。

2.長期的視点を維持する

歴史的に、市場では時間(タイミングではありません)が、長期的により良い成果をもたらしてくれることを示しています。これは、市場がいずれかの方向に大幅に変動するボラティリティが大きい時に、特に当てはまります。時間は優れた平準化要素であり、過去の例を見ると、急落の後には迅速かつ大規模な回復が起こっています1。

3.十分な流動性を確保する

ポートフォリオ全体の流動性と、ポートフォリオ内の個別ファンドの流動性を確認しましょう。売買の必要が生じた時に取引コストが高くなる可能性があるため、十分な流動性を確保しておくことが重要です。SPDR取引執行・実行チームがお客様をサポートします。

4.どうしても売買しなければならない場合は効率的に

どうしても売買しなければならない場合、成り行き注文はお勧めしません。また、取引時間の最初と最後(寄り付きと引け)の30分もボラティリティが最も高くなり、スプレッドが最も広くなる傾向があるため、避けるのも一つの手段でしょう。


現在のように不確実な環境では、自らコントロールできることに集中しましょう。私たちは世の中の出来事や市場を注視しており、今回の危機がもたらす課題を克服するのを引き続きサポートいたします。


Related Content