Skip to main content

SPY – 元祖 S&P 500® ETF 世界最大の経済に投資

SPDR® S&P 500® ETF(SPY)は、投資家に S&P 500® 指数へのコスト効率が良く流動性の高いエクスポージャーを提供し、すべての主要セクターにまたがる米国最大規模の上場企業500社 1 へのアクセスを可能とします。


ファンド情報


SPDR® S&P 500® ETFに投資する理由


SPYは、米国株式のコアエクスポージャーを求める投資家に、以下のような数々の潜在的なメリットを提供します。


流動性

1日平均で390億ドル取引される SPYによって、投資家は比類なき売買高 2 を活用することができます。

米国で上場しているティッカーSPYと東京証券取引所で上場しているティッカー1557とでは取引量が異なるため流動性も異なります。


信頼のプロバイダー

SPYは、上場投資信託(ETF)のパイオニアで世界最大級の資産運用会社の一つであるステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズと、世界で最も厚い信頼を得ているインデックスプロバイダーの一つである S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスの提携の下で、お届けしています。


単一のポジションで分散投資

SPYは、米国経済のあらゆる側面をほぼカバーしており、単一のファンドで、投資家に世界最大の経済と世界で最も知名度の高い企業の多くに、エクスポージャーを得る極めて効率的な手法を提供します。

クイッククイズ


以下の文章で、SPYの真実を述べているものはどれですか

正解です!

SPYは、1993年に設定された初の米国上場ETFです。現在、世界最大で3、最も取引され4、最も流動性の高いETF5となっています。

残念、不正解です

SPYは、1993年に設定された初の米国上場ETFです。現在、世界最大で3、最も取引され4、最も流動性の高いETF5となっています。


SPYの構成銘柄は



インデックス運用のリーダーがSPYの後ろ盾


よくある質問

SPYとは、S&P 500 指数のパフォーマンスに連動する上場投資信託(ETF)である SPDR® S&P 500® ETF のティッカーシンボルです。ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズが運用するSPYは、S&P 500®指数構成銘柄と同じ銘柄に、指数と同じ比率で投資することにより、同指数のパフォーマンスを可能な限り再現することを目指しています。SPYは、ニューヨーク証券取引所(NYSE Arca [NYSEグループ傘下の電子取引所] )に上場されており、極めて流動性が高いため、米国株式市場に幅広いエクスポージャーを得ようとする投資家に、人気のある選択肢になっています。