インサイト


⽶国⾦利、イールドカーブの再点検〜投資家は⾦利シナリオを再考すべきか〜

横谷宏史

運用部

マネージング・ディレクター


2⽉に⼊っても⽶国⻑期⾦利は上昇を続け、イールドカーブはベアスティープ傾向が続いています。

図表1を⾒ると、年初来でドイツの10年国債⾦利がほとんど上昇していない⼀⽅で、⽶国は0.4%を超える上昇となっています。