ESG

アセット・スチュワードシップ

ステート・ストリートでは、アセット・スチュワードシップ・プログラムを通じて投資先企業とのエンゲージメント(対話)を実施することで、お客様のポートフォリオにおける長期価値とリスクの低減を追求します。

当社では、スチュワードシップ・ツールを活用し、投資先企業とESG(環境・社会・ガバナンス)問題に関する対話を行うことで、長期価値を追求しています。投資先におけるESG関連リスクと投資機会の管理に際しては、この様な対話やや議決権行使、ソートリーダーシップを活用した結果重視のアプローチを採用しています。


当社プログラムの柱


  1. ソートリーダーシップ:投資先企業に対して、ESGの取り組みに関する情報やガイダンスを提供する
  2. エンゲージメント(対話):投資先企業に対して、透明性に優れた、責任ある、高パフォーマンスの取締役会と事業の開発を促進する
  3. 議決権行使:投資目標を組み入れ、長期の投資ホライゾンとの整合性を確保する

スチュワードシップの優先事項


当社のスチュワードシップ・プログラムは、E・S・Gという3つの柱とこれらが交わる分野を土台に構築されています。議決権行使とエンゲージメントの取り組みに際しては、注力するテーマを定期的に特定しています。さらには、これらの注目分野において、顧客の要望やステークホルダーの関心、市場トレンド、財務面での重要性などの要素を考慮し、結果を重視したスチュワードシップ優先事項を定めています。


当社のガイダンス


各種ガイドラインやガイダンスは、こちら からご覧いただけます。


お問い合わせ


ステート・ストリートにおけるスチュワードシップ・プログラムに関するお問い合わせは、こちら からどうぞ。


関連インサイト