インサイト

スチュワードシップのガイダンス - 新型コロナウイルスに対応する企業とのエンゲージメント


(原文の抄訳) 取締役の皆様へ

ビジネス・リーダーとして私たちは皆、新型コロナウイルスの急速な感染拡大により、従業員や顧客の健康状態、投資先企業を取り巻く状況、そして経済や社会全体の耐久力を懸念しているものと思います。

皆様の多くが既に、人工呼吸器や防護マスクの生産に対応した生産ラインの再編成を行ったり、新たなワクチンや治療法の開発に向けた経営資源の投入といった緊急対策を講じています。そして、さらに多くの企業が、事業を停止している中でも従業員への賃金の支払いを継続し、フードバンクや最前線で闘う医療従事者に支援を提供しています。

今回の危機は人々の健康を脅かすだけでなく、世界経済を大混乱に陥れ、ひいては金融システムに深刻な影響を及ぼしています。ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは、長期的な投資価値の観点から企業に投資しています。そこで、今回の非常事態を踏まえて、弊社のアセット・スチュワードシップにおける2020年の優先項目について、お伝えさせて頂きたいと思います。